■ベランダに締め出された女子大生
 12月とはいうものの、さほど寒くない朝、大学生のA子さんは、2Fの自室のアパートを、素足でベランダに出て掃除していました。
 掃除に気を取られ、ベランダに出ているにもかかわらず、誤って窓のシャッターを閉めてしまいました。シャッターは自動的にロックされる仕組みになっていたので、A子さんは2Fのベランダに締め出されてしまいました。
 隣の部屋はどうやら留守のよう、あとはアパートの前の戸建ての家に助けを求めるしかありませんでした。人の気配は有るので、A子さんは前の家に向かって「すみませーん、たすけてぇー」と繰り返し叫んでみました。叫んではみるものの、A子さんは小柄であまり大きな声も出ません。冬に北側の窓をそうそう開けてはいないし、なかなか気付いてもらえません。足は冷たいし、心細くなるばかり。
 やっとこさ前の家のおばさんに気付いてもらい、はしごをかけてもらって、ベランダからの脱出に成功しました。
 一難去った、しかし玄関には鍵こそ掛かっていなかったのですが、ドアチェーンはしっかり掛けていたので、部屋に入る事ができません。おばさんの家であちこち連絡をして、なんとか部屋に入る方法を模索しましたが、対応してくれる業者が見つかりません。あちこちたらい回しされ、当店に電話を頂きました。
 急行して、ドアチェーンを外し、めでたく問題解決となりました。

 同様の事件は他にも有りました。特にアパートの1Fは防犯上シャッターを付けている所が多くなりました。どうぞ、ご注意ください。